Community-based DRR

Items: 23
津波被害想定地域における部分改善型事前復興アイデアに関する研究
Reports and analysis
2024
この研究は、南海トラフ巨大地震で甚大な被害が予想される三重県尾鷲市を対象に、南海トラフ巨大地震に備え、住民が主体的に事前復興まちづくりを実践につなげられるモデルの構築を目指すものです。
日本建築学会 Architectural Institute of Japan (AIJ)
Herald vol. 31 -JP.png
IRP Herald in Japanese
2021
IRP Herald vol. 31は、国際復興フォーラム2021「複合災害とCOVID-19パンデミックからのより良い復興」のナレッジレポートです。
International Recovery Platform
徳島県美波町における事前復興まちづくり
Reports and analysis
2021
徳島県海部郡美波町における事前復興 まちづくりについて、美波町と美波町由岐湾内地区の住民主体の取り組みについて報告する。
日本都市計画学会 The City Planning Institute of Japan (CPIJ)
Build Back Better 事例  スマトラ島沖地震 20150915.png
2015
本事例では、インド洋沿岸諸国に未曾有の被害をもたらしたスマトラ島沖地震以降行われた避難行動の改善について、Build Back Betterの要素を踏まえた防災・減災対策を解説しています。
International Recovery Platform
復興まちづくりについて考える啓発ツールとしてのボードゲームの効果
Reports and analysis
2020
この研究は、災害復興において教育的なボードゲームがどれほど効果的かを測定することを目的としています。
地域安全学会 Institute of Social Safety Science (ISSS)  
木造住宅密集地域を対象とした復興まちづくり訓練で創発される<事前>復興まちづくり計画の意義と可能性
Reports and analysis
2020
本研究は豊島区を対象に、東日本大震災を挟んで10年間、8地区の復興まちづくり訓練で導出された<事前>復興まちづくり計画について、復興訓練地域参加者の意識調査結果も交えて分析考察を行ったものである。
日本都市計画学会 The City Planning Institute of Japan (CPIJ)
Herald vol. 30 -JP.png
IRP Herald in Japanese
2020
IRP Herald vol. 30は、国際復興フォーラム2020「レジリエント(強靱)なインフラでBuild Back Better(より良い復興)を目指す」のナレッジレポートです。
International Recovery Platform
事前復興計画案策定における地域の記憶抽出の試み
Reports and analysis
2018
和歌山県由良町衣奈地区を対象とした事前災害復興計画の構築方法に関するプロセスの一環で、地域の記憶を抽出する新しいワークショップスタイルの提案である。
地域安全学会 Institute of Social Safety Science (ISSS)  
「地域の営み」の継続に着目した事前復興計画策定手法の構築
Reports and analysis
2017
「地域の営み」に着目した事前復興計画策定手法の構築について、和歌山県由良町衣奈での住民参加型ワークショップを通じて研究し、事前復興計画に使用される開発のーつと手法の概要を説明しています。
地域安全学会 Institute of Social Safety Science (ISSS)  
Herald vol. 19 -JP
IRP Herald in Japanese
2017
IRP Herald vol. 19は、「第5回防災グローバル・プラットフォーム会合」のナレッジレポートです。
International Recovery Platform

Is this page useful?

Yes No
Report an issue on this page

Thank you. If you have 2 minutes, we would benefit from additional feedback (link opens in a new window).